「介護ユーチューバー」に注目集まる、神回はオムツ交換

 高齢者介護に10年以上携わる和歌山市在住の介護ヘルパー、西原隼登(はやと)さん(34)が、動画投稿サイト「ユーチューブ」で適切な介護方法などのテクニックを分かりやすく発信している。高校時代のバイク事故を機に介護職に就き、「介護ユーチューバー」を名乗る西原さん。段差での車いすの動かし方や、横漏れしないオムツの着け方などを、実演をまじえて詳しく解説。「若い人たちに、介護職に関心をもってもらえれば」と話す。
(産経BIZ 健康編)