コロナ自宅療養で訪問看護を充実 厚労相、政府方針への理解求める

 田村憲久厚生労働相は4日の衆院厚労委員会で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い病床逼迫(ひっぱく)に対応するため、感染者が急増する地域では重症者や重症化リスクの高い患者以外は自宅療養を基本とする新たな政府方針について「医療資源は短期間に増えない」と理解を求めた。訪問看護を充実させる方針も示した。診療報酬を加算する。
(産経BIZ 健康編)