仕事や動画に五輪観戦…画面と向き合うコロナの夏 「疲れ目」に注意

 パソコンやスマートフォンでの動画視聴やオンライン会議、東京五輪のテレビ観戦。コロナ禍で「画面」と向き合う時間が長くなり、疲れ目に悩む人も増えているようだ。日常的なセルフケアを目の専門家はすすめている。
(産経BIZ 健康編)