台頭するデルタ株 ワクチン「有効」も対策必要

 国内の新型コロナウイルスの新規感染者数が、首都圏を中心に相次いで過去最多を更新している。急速な感染拡大の背景にあるとされるインド由来の変異株「デルタ株」は「これまでで最も感染力の強いウイルスの一つ」とも言われ、ワクチン接種が先行する海外でも拡大が懸念されている。専門家は「ワクチンの重症化予防の効果は保たれている」とした上で「接種後も対策が必要」としている。
(産経BIZ 健康編)