東京都、積極的な疫学調査の縮小を保健所に通知 業務逼迫うけ

 東京都は15日、新型コロナウイルスの感染急拡大に伴う保健所業務の逼迫(ひっぱく)を受け、濃厚接触者や感染経路を詳しく調べる「積極的疫学調査」の規模を縮小する方針を都内の各保健所に通知したと明らかにした。通知は10日付。重症化リスクの高い人が多い医療機関や高齢者施設での事例の調査を優先させ、保健所の負担を軽減する狙い。
(産経BIZ 健康編)