青山が1万円未満スーツ テレワーク拡大で発売

 紳士服大手の青山商事が初めて1万円を切る価格でジャケットとパンツのスーツ上下セットを発売した。新型コロナウイルス流行でテレワークが広がる中、普段着のような着心地とオンライン会議向けにスーツの見た目を兼ね備えた。手頃な価格で在宅勤務のビジネスパーソンの需要を取り込む考えだ。
(産経BIZ 健康編)