不老通信 第46号 ~火曜コーナー

不老通信 創刊第46号
横浜市不老町にオフィスが所在するNPO法人 超ミネラル水普及研究会があなたの不老と健康のためにお届けするニュースペーパー「不老通信」。かつて郵送の会報誌として、現在はモバイル・スマホ版デジタルマガジンとして会員様にお届けしている「不老通信」です。
今後ともデジタルマガジン「不老通信」をよろしくお願いします。

 

ガンになった人100人にききました!
会員の皆さん、いかがお過ごしですか。今回の特集もガン特集でいきたいと思います。ガンになった人手をあげて!と街中で聞いたら半分の人が、はーいって手を上げたんですって。なんか日本人にはとてもおおい病気で2人に1人はガンなんだそうです。そんなに皆がガンになっているのならば私だってガンになったの恥ずかしがることないや。
確かに2人に1人がガンならば、別にお医者様にあなたはガンですなんて言われたって恥ずかしがることはちっともないですよね。でも、恥ずかしがる必要はないけど、ガンになってしまったら早く治しちゃいたいのは治しちゃいたいですよね。ガンになった人100人に大学の偉い先生がきいたんだそうです。その結果、抜本的に食事を変える。治療法は自分で決める。直感に従う。ハーブとサプリメントの力を借りる。抑圧された感情を解き放つ。より前向きに生きる。周囲の人の支えを受け入れる。自分の魂と深くつながる。どうしても生きたい理由を持つという九つの結果がもっとも多く得たガンの人が治すために努力したことなんだそうです。おもしろい結果ですね、そのうち、ひとつひとつ検証していきたいものです。

 

毎食事前には忘れずにミニカップ一杯のサンミネラル100をどうぞ

コメントを残す