不老通信 第59号 ~火曜コーナー

不老通信 創刊第59号
横浜市不老町にオフィスが所在するNPO法人 超ミネラル水普及研究会があなたの不老と健康のためにお届けするニュースペーパー「不老通信」。かつて郵送の会報誌として、現在はモバイル・スマホ版デジタルマガジンとして会員様にお届けしている「不老通信」です。
今後ともデジタルマガジン「不老通信」をよろしくお願いします。

 

ガン患者には微量栄養素が多く必要なんです
会員の皆さん、いかがお過ごしですか。会員の皆さんは、鬼嫁の北斗晶さんが乳ガンになってしまったことはもう既にご存知ですよね。乳ガンです、私、手術受けますの報道のあとすぐに手術をして、手術の結果はけっこう大成功みたいで本当によかったですね。
でも、ガン治療って手術受けたあとのケアとかが再発しないためにも非常に重要みたいですね。ドイツのウーヴェ•グレーバー先生も言っているみたいですがガン患者というのは微量栄養素をしっかり摂るというのがとっても重要みたいですね。ガン患者というのは一般の人よりもビタミンC、ビタミンE、β-カロテン、セレニウムおよびビタミンD、Bビタミン群、ビタミンKとかというビタミン系と微量元素が身体の中に不足されてしまうんだそうです。そういえば微量元素というのは体内で生成できず身体の外からとりこまなければならないものですよね。だから健康な人でもサンミネラル100とか毎日飲んでいるんですものね。ドイツのウーヴェ•グレーバー先生の話からいくと、ガン患者の人は一般の人よりも多く微量元素を身体の中に摂りこまなければならないのですね。

 

毎食事前には忘れずにミニカップ一杯のサンミネラル100をどうぞ

コメントを残す