不老通信:サンミネラルドットコム

超ミネラル水 細胞活性化サンミネラル 超微量イオン化ミネラル水

オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘
不老通信

オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘

 政府が監視体制を強める新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」は、感染力が高まったり、ワクチン効果を弱めたりする可能性が指摘されている。その特徴を「主要な変異株の悪いところを総取りした」と表現する専門家もいるがRead more about オミクロン株「悪いところ総取り」 専門家指摘[…]

国立感染症研究所、日本も変異株「オミクロン株」を警戒レベル最高に
不老通信

国立感染症研究所、日本も変異株「オミクロン株」を警戒レベル最高に

 国立感染症研究所は28日、新型コロナウイルスの新たな変異株オミクロン株を最も警戒レベルが高い「懸念すべき変異株」に指定した。これまでは2番目に高い「注目すべき変異株」に位置付けていたが、引き上げた。 (産経BIZ 健康Read more about 国立感染症研究所、日本も変異株「オミクロン株」を警戒レベル最高に[…]

「第5波」デルタ株の病原性上昇 変異で炎症起こしやすく
不老通信

「第5波」デルタ株の病原性上昇 変異で炎症起こしやすく

 新型コロナウイルスの流行「第5波」を引き起こしたデルタ株は、従来株に比べて病原性が高いことを動物実験で確かめたとする研究結果を東京大などのチームが25日付の英科学誌ネイチャーに発表した。ウイルスに生じた変異の影響で肺のRead more about 「第5波」デルタ株の病原性上昇 変異で炎症起こしやすく[…]

新変異株は「オミクロン株」 WHO「懸念される変異株」指定 
不老通信

新変異株は「オミクロン株」 WHO「懸念される変異株」指定 

 【ロンドン=板東和正】世界保健機関(WHO、本部ジュネーブ)は26日、南アフリカなどで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株を感染力が強いデルタ株などと並ぶ「懸念される変異株」に指定し、「オミクロン株」と命名した。Read more about 新変異株は「オミクロン株」 WHO「懸念される変異株」指定 […]

3回目接種 6カ月短縮はクラスター発生の医療機関や高齢者施設
不老通信

3回目接種 6カ月短縮はクラスター発生の医療機関や高齢者施設

 新型コロナウイルスワクチンの3回目接種について、厚生労働省は26日、2回目からの接種間隔を原則8カ月以上から6カ月に短縮できるとした例外的な運用の具体例をまとめ、自治体側に伝えた。対象をクラスター(感染者集団)が発生しRead more about 3回目接種 6カ月短縮はクラスター発生の医療機関や高齢者施設[…]

「状況悪化なら機動的に対処」新型変異株に警戒
不老通信

「状況悪化なら機動的に対処」新型変異株に警戒

 松野博一官房長官は26日の記者会見で、南アフリカで確認された新型コロナウイルスの新たな変異株への水際対策について、「感染が拡大するなど、状況が悪化する場合には機動的に対処していく」と警戒感を示した。 (産経BIZ 健康Read more about 「状況悪化なら機動的に対処」新型変異株に警戒[…]

フランス、ワクチン追加接種を成人全員に
不老通信

フランス、ワクチン追加接種を成人全員に

 【パリ=三井美奈】フランス政府は25日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、18歳以上の全成人にワクチンの追加接種を求めると発表した。2度目の接種から5カ月経った人が対象。現在流通しているワクチン接種証明についても随時Read more about フランス、ワクチン追加接種を成人全員に[…]

飲食店、忘年会需要に期待の声 第6波の不安尽きず
不老通信

飲食店、忘年会需要に期待の声 第6波の不安尽きず

 新型コロナウイルスの感染状況が全国的に落ち着く中、忘年会シーズンの到来を前に飲食店関係者の期待が高まっている。時短要請などの解除から25日で1カ月がたった東京都では客足の増加がみられる上、来月からは人数制限もこれまで以Read more about 飲食店、忘年会需要に期待の声 第6波の不安尽きず[…]

東京都 認証店での酒・飲食、8人まで全面解禁へ
不老通信

東京都 認証店での酒・飲食、8人まで全面解禁へ

 新型コロナウイルス感染者の減少を受け、東京都は25日、十分な感染防止対策を講じていると認証された飲食店について12月1日から、ワクチン接種証明の提示を求める人数を1テーブル「5人以上」から「9人以上」に緩和することを決Read more about 東京都 認証店での酒・飲食、8人まで全面解禁へ[…]

「第6波」東京でピーク時370人推計も
不老通信

「第6波」東京でピーク時370人推計も

 欧州や韓国で新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、国内の感染状況は低い水準で推移している。懸念される「第6波」はピーク時でも、東京の1日の新規感染者は370人程度との推計もあり、昨年末の第3波や今夏の第5波より小Read more about 「第6波」東京でピーク時370人推計も[…]

都内の医療体制「安定的な両立可能」 モニタリング会議
不老通信

都内の医療体制「安定的な両立可能」 モニタリング会議

 新型コロナウイルスの感染状況を分析する東京都のモニタリング会議が25日開かれ、医療提供体制について4段階の警戒度で最も低い「通常医療との両立が安定的に可能な状況」に引き下げた。感染状況についても4段階で最も低い「感染者Read more about 都内の医療体制「安定的な両立可能」 モニタリング会議[…]

バランスボールがいす代わり、市職員の腰痛改善に
不老通信

バランスボールがいす代わり、市職員の腰痛改善に

 和歌山県田辺市は、腰痛や肩こりの予防・改善などのため、希望する職員が事務いすの代わりに空気を入れたバランスボールに座って仕事をする試みを始めた。真砂充敏(まなご・みつとし)市長が24日の定例記者会見で公表した。体幹の強Read more about バランスボールがいす代わり、市職員の腰痛改善に[…]

ワクチン接種で協力確認 歯科医師会長と堀内担当相
不老通信

ワクチン接種で協力確認 歯科医師会長と堀内担当相

 堀内詔子ワクチン担当相は24日、12月から始まる新型コロナウイルスワクチンの3回目接種に関し、日本歯科医師会の堀憲郎会長らと内閣府で意見交換した。堀内氏は円滑な接種実施に向け、接種の担い手確保で協力を要請し、堀氏らが応Read more about ワクチン接種で協力確認 歯科医師会長と堀内担当相[…]

仙台医療圏4病院再編に賛同相次ぐ 宮城で市町村長会議、来月から協議入り
不老通信

仙台医療圏4病院再編に賛同相次ぐ 宮城で市町村長会議、来月から協議入り

 宮城県が示している仙台医療圏の4病院の再編方針をめぐり、関係する14市町村長と村井嘉浩知事がオンラインで意見交換する会議が24日、県庁で開かれ、再編の方針について賛同する意見が相次いだ。村井知事は来月から関係者らと具体Read more about 仙台医療圏4病院再編に賛同相次ぐ 宮城で市町村長会議、来月から協議入り[…]

EU当局、コロナ飲み薬「モルヌピラビル」の審査開始 数週間で判断
不老通信

EU当局、コロナ飲み薬「モルヌピラビル」の審査開始 数週間で判断

 欧州連合(EU)医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA)は23日、米製薬大手メルクなどが開発した新型コロナウイルスの飲み薬「モルヌピラビル」の販売承認を巡る審査を開始したと発表した。データが十分であれば数週間以内に判断でRead more about EU当局、コロナ飲み薬「モルヌピラビル」の審査開始 数週間で判断[…]

大学、3回目の新型コロナウイルスワクチン接種を不安視 会場確保に課題
不老通信

大学、3回目の新型コロナウイルスワクチン接種を不安視 会場確保に課題

 新型コロナウイルスの3回目のワクチン接種をめぐり、大学側が頭を悩ませている。若年層の接種率向上に寄与した大学での職域接種だが、3回目の接種時期は多くの学生がキャンパスに集まる来年4月の新年度開始と重なる可能性が高く、会Read more about 大学、3回目の新型コロナウイルスワクチン接種を不安視 会場確保に課題[…]

コロナ医療体制、縮小か維持か 自治体で割れる判断
不老通信

コロナ医療体制、縮小か維持か 自治体で割れる判断

 新型コロナウイルスの感染状況が低水準となる中、医療提供体制をめぐる自治体の判断が割れている。北海道や東京など21都道府県が新型コロナ病床を確保計画の最低レベルまで緩和する一方で、9府県はリバウンドなどを警戒し、最大規模Read more about コロナ医療体制、縮小か維持か 自治体で割れる判断[…]