【産経・FNN合同世論調査】コロナ対策 「評価する」が初めて上回る

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が9、10両日に実施した合同世論調査で、政府の新型コロナウイルス対策を質問したところ、「評価する」が56・9%、「評価しない」は36%となり、年明け以降、初めて「評価する」が「評価しない」を上回った。新規感染者数が急激に減少し、第5波が収束傾向にあることが、政府への評価につながったとみられる。
(産経BIZ 健康編)