ワクチンで死者6千人超回避 京大試算

 厚生労働省に新型コロナウイルス対策を助言する専門家組織の会合が13日、開かれ、今年3~9月の約半年間にワクチン接種で約80万8千人の感染と約6400人の死亡が回避されたとの試算が示された。感染状況について、同組織は「改善状態を少しでも長く維持し、もう一段、感染者数を落とすことが重要」とする評価をまとめた。
(産経BIZ 健康編)