大阪、症状改善で入院期間短縮 軽・中等症者を宿泊療養へ

 大阪府の吉村洋文知事は24日、新型コロナウイルス患者の急増に伴う病床の逼迫(ひっぱく)を受け、治療を終えて症状が改善した軽症・中等症の入院患者について、退院基準を満たしていなくても医師の判断で原則宿泊療養に切り替えると発表した。病床を効率的に運用し、治療を要する新たな患者を早期に入院させる狙い。宿泊療養施設の部屋数は、現在の約5600室から8千室まで増やす意向を示した。
(産経BIZ 健康編)