官房長官、ワクチン3回目接種「必要性検討」

 加藤勝信官房長官は2日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの「ブースター」と呼ばれる3回目以降の接種に関し「諸外国や企業の動向、臨床試験結果などについて情報収集し必要性を検討したい」と述べた。
(産経BIZ 健康編)