新型コロナ、感染急増で目立つ「中等症患者」 医療機関には実質重症

 全国で新型コロナウイルス感染者が急増するなか、重症者には分類されないが高度な治療が必要な中等症患者が増加している。高齢者へのワクチン普及に伴い、感染者数に比べ重症者の増加は緩やかだが、その裏で多くの中等症患者が発生。感染「第3波」に匹敵する水準に達し、医療関係者の危機感は高まっている。
(産経BIZ 健康編)