東京都、渋谷で酸素ステーション運用開始

 東京都は23日、救急搬送を要請した自宅療養中の新型コロナウイルス感染者が酸素投与を受けられる「酸素ステーション」の運用を始めた。旧国立児童館「こどもの城」(渋谷区)に130床を設置し、24時間態勢で受け入れる。療養者の重症化予防や救急隊、保健所の負担軽減が狙い。
(産経BIZ 健康編)