東京都の自宅療養 往診拡充急ぐ、医療者の確保難航

 新型コロナウイルス患者の入院要件を厳格化した政府方針を受けて、東京都は5日、自宅療養者のケアに関する対応強化策を明らかにした。地域の医師会と協力して往診を拡充するほか、健康相談に応じる都のコールセンターを増員する。ただ現時点で必要な医療スタッフ確保のめどは立っておらず、実効性には不透明な部分も残っている。
(産経BIZ 健康編)