群馬県、緊急事態宣言の発令を要請 全35市町村対象

 群馬県は16日、新型コロナウイルスの感染急拡大を踏まえ、政府に対し緊急事態宣言の発令を要請した。全35市町村を対象により強い対策を打ち出す方針で、政府と協議のうえで17日の対策本部会議で具体的な措置内容を決める。山本一太知事が同日、県庁内で記者団の取材に明らかにした。
(産経BIZ 健康編)