駆け込み殺到「認証店神話」に潜む感染リスク

 新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言が解除され、酒類が提供できるようになるなどの緩和が進む。感染対策の基準をクリアした飲食店を認証し、非認証店との間で営業時間などに差を設ける自治体もあるが、多くが条件とするのがアクリル板やビニールシートの設置。ウイルスを含んだ飛沫(ひまつ)を防ぐ「壁」の役割を期待した措置で、役所のお墨付きを求めて申請が殺到している。“認証店神話”ともいえる状況が広がりつつあるが、アクリル板などが、かえって感染リスクを高めると指摘する専門家もいる。
(産経BIZ 健康編)